クッキーの方針について

ウェブサイト (以下、「サイト」)はクッキーを使用しています。クッキーはサーバーにより生成される文字列であり、利用者がインターネットに接続するために使用するコンピュータのハードディスク、もしくは他のデバイス(スマートフォン、タブレット)に保存され、ユーザーがインターネットに再び接続する際に再伝達されます。
クッキーにより、たとえば使用言語の初期設定、購入に使用した通貨など、サイトの利用者のブラウジングについてのデータが収集され、次回の訪問時に利用者がサイトを利用しやすくなります。
クッキーには、永久的に利用者のデバイスに保存されるもの(永続的クッキー)、ブラウザを終了すると消去されるもの(セッション・クッキー)があります。 クッキーには、利用者が訪問しているサイトによってインストールされるものや(ファーストパーティ・クッキー)、他のウェブサイトによってインストールされるもの(サードパーティ・クッキー)があります。
サイトでは、後述のように、ファーストパーティ・クッキー、他の類似の技術が使用されています。

ブラウジングおよび機能性クッキー

サイトは、セッションクッキーと永続的ファーストパーティー・セッションクッキーを使用することで、利用者に安全で効率の良いブラウジングとサイトの利用を確かなものにすると同時に、サイトが提供するサービスを改善しています。
このようなクッキーにより、使用言語および利用者が接続している国を認識することが可能になります。これらの技術的なクッキーにより、新たにサイトにアクセスする利用者が認識され、利用者が毎回データを入力する手間が省かれます。たとえば、利用者がショッピングバッグの内部で1つの商品を買う選択し、現在の購入を完了しなかった場合、次回にサイトに戻ってきた際に購入を再開して確定することができます。最後に機能性クッキーはブラウジング体験の質を高めます。

解析クッキー

このサイトでは、Google アナリティクスを使用して、サイトの利用についての情報を収集しています。

Google アナリティクスの設定によりGoogleとデータを共有して、次のようなサービスを使用しています: i) ベンチマーキング...集約した匿名形式のデータを使用して、業界全体の動向の理解に役立つような記事や発行物を生成する。ii) テクニカルサポート...のサービス提供と技術的な問題解決のためにGoogle がサポートする。iii) 会計の専門家、Google セールス、マーケティングの専門家がGoogle の商品を使って業績改善をするためのアドバイスをする。

詳細や情報を得るには、こちらのページを参照してください: https://support.google.com/analytics/answer/1011397?hl=jp

デフォルトの設定では、解析クッキーは、レポートで地理全般のデータを提供するためにウェブサイトの利用者のIPアドレス全体を使用します。

Google アナリティクスのクッキーは、次のリンク先にあるプラグインを利用して設定をオフにすることができます: https://tools.google.com/dlpage/gaoptout

ソーシャルクッキー

サイトでは、ソーシャル・ネットワーク・サービス(Facebook、Twitter など)を通じて利用者と交流し、特にコンテンツを共有するために、サードパーティ・クッキーを使用しています。

プロファイリング・クッキー

サイトではプロファイリング・クッキーを使用して、利用者がサイト訪問時に見た好みを記憶し、利用者の好みや興味に合うメッセージを送ることを可能にするプロファイルを生成します。たとえば、利用者が探しているものをいち早く表示したり、それにできるだけ類似するものを提供することが可能になります。 このサイトではさらにプロファイリング・サードパーティ・クッキーを使用し、利用者が他のサイトを訪問している時にも私共の広告を見ることができるようになっています(リターゲッティング広告)。

次のクッキー一覧表はサイトで使用されているクッキーの特色をまとめたものです。

クッキーの名前 タイプ ファースト / サードパーティの別 有効期限 *
Google アナリティクス 解析 サードパーティ 2
_gat
_ga
詳細 https://www.google.co.jp/intl/jp/policies/
ツイートボタン 共有 サードパーティ 1
詳細 https://twitter.com/privacy
Facebook 共有 サードパーティ 1
詳細 https://www.facebook.com/policies/cookies/
RESOURCEINFO 機能性 ファーストパーティ 2
UI 機能性 ファーストパーティ 2
UI-PERSISTENT 機能性 ファーストパーティ 1
VISIT 機能性 ファーストパーティ 2
yTos.CookieLaw 機能性 ファーストパーティ 1
ytos-session-Marni 機能性 ファーストパーティ 1
* 1 = 永続的 / 2 = セッション


クッキーに反対する権利と拒否する権利

サイトのいずれかのページにアクセスすると、利用者に簡単な通知をするバナーが表示されます。バナーを閉じる、またはサイトのページへのアクセスを継続する、サイトのアイテム(たとえば画像やリンク先など)を選択するのいずれかをおこなうと、利用者はクッキーが使用されることに同意することになります。利用者のクッキー使用に対する同意を記憶するために、1つの「技術的なクッキー」が使用されます。クッキー一覧表にある「詳細」コロンにあるリンク先をクリックすることで、サードパーティのクッキーの設定をオフにするための情報を得ることができます。

利用者は使用しているブラウザでクッキーの設定をオフにすることで、ハードディスクにクッキーが保存されることに反対することができます。
主要なブラウザにおける設定のしかたは、以下のリンク先にあるページで説明されています。
Internet Explorer > http://windows.microsoft.com/it-it/windows7/how-to-manage-cookies-in-internet-explorer-9
Chrome > https://support.google.com/chrome/answer/95647?hl=it
Firefox > https://support.mozilla.org/it/kb/Gestione%20dei%20cookie
Safari > http://support.apple.com/kb/HT1677?viewlocale=it_IT

この操作をした後は、一部のウェブページが適正に機能しないことがあります。

クッキーについての詳細やサードパーティのプロファイリング・クッキーの設定を管理するための情報は次のサイトで入手できます: http://www.youronlinechoices.comこのサイトの「Your choices」のページでは、私共のパートナーで、私共のサイトにクッキーをインストールするサードパーティの会社(Company)の一覧が表示されます。インストールされたクッキーのアクティビティのステータス(Status)を確認し、(On/Off のどちらかを選択することで)同意するかどうかを選択できます。それぞれの会社の「Info」を展開することでその会社についての詳細情報にアクセスでき、リンク先をクリックすることでクッキーおよび個人情報の取扱いについてのお知らせにアクセスすることができます。

クッキーを使用して収集されたデータは次のデータ管理者(以下、「データ管理者」)によって取扱われます:
- - YOOX NET-A-PORTER GROUP S.p.A./Corporation(Compagnie Financière Richemont S.A.が唯一の株主として運営・管理する企業)、イタリアの via Morimondo, 17 – Milano 20143に本店登記。事務および会計を利用目的とする。お問い合わせ先:カスタマーサービス;
- MARNI GROUP S.r.l.、Via Sismondi 70/B, 20133 Milano, Italy に本店登記、電話番号 +390271055300。マーケティングおよびプロファイリングを利用目的とする。連絡先:privacy@marni.com

収集されたデータは、取扱いの担当者およびデータ処理者として選任された、データ管理者の被用者や契約労働者によって取扱われます。 データは、データ管理者の代理で技術的業務や運営上の業務を実施するために信任された会社によって取扱われることもあります。これらの会社はデータ管理者の直接的なパートナーであり、データ処理者の役割を担っています。
これらの会社のリストは常に更新されており、上述の住所に連絡する形式または電子メールを送る形式でリクエストすることにより、リストを入手することができます。メールアドレス:お問い合わせは.
Google クッキーで収集されたデータは、EU圏外、特にアメリカ合衆国に送信される可能性があります。 クッキーを使用して収集されたデータは流布されません。

利用者の権利

以下に引用されている委任立法政令第2003/96号第7条の規定に基づいて、利用者は、何時でも、取扱われる個人データの情報を請求し、そのデータの更新、訂正、補充を求めることができるほか、抹消、匿名形式化や違法な取扱いの停止を求めることができます。 これらの権利を行使するためには、データ管理者に対して、上述の住所に書面を郵送する形式または電子メールを送信する形式で連絡してください。メールアドレス:お問い合わせは .

委任立法政令第2003/196号第7条(個人データにアクセスする権利およびその他の権利)
1. データ主体は、自分に関係する個人データについて、既に登録されたかどうかにかかわらず、その存在の有無についての確答、さらにはそれらの理解できる形式でのデータの伝達を得る権利を持つ。
2. データ主体は以下の事項について知らされる権利を持つ:
a) 個人データの出所。
b) 取扱いの目的および方式。
c) 取扱いが電子的手段によって実施される場合は、取扱いに適用されるロジック。
d) データ管理者、データ処理者、第5条2項の趣旨にしたがって指名された代表者に関する身元データ。
e) 個人データが伝達される主体または主体のカテゴリー、および、当該国の領域において指名された代表者、データ処理者または取扱いの担当者として、そのようなデータを知ることのできる主体または主体のカテゴリー。
3. データ主体は以下の事項について知らされる権利を持つ:
a) データの更新、訂正、または、関心がある場合は、その補充。
b) 収集および取扱いにあたっての利用目的のために保持を必要としないデータを含む、違法に取扱われたデータの抹消、匿名処理、使用停止。
c) a) および b) にある作業が、その内容も含めて、そのようなデータが伝達または普及された主体に知らされたことの証明。ただし、そのような遂行が不可能な場合または保護される権利に比べて不釣合いな労力を要することが明らかな場合はその限りではない。
4. データ主体は、全面的または部分的に、以下のことに反対する権利を持つ:
a) 正当な理由に基づいて、収集の目的に沿っている場合でも、自らに関係する個人データを取扱うこと。
b) データの取扱いが広告または直販題材の送付、または市場調査または商業的な知らせの実施の目的で、自らに関係する個人データを取扱うこと。